森牛削蹄商会ブログ

トップページ






RSS

Ringworld
RingBlog v3.21a

2018年6月の記事
2018年 6月 16日 (土)

平成30年6月13日(水)の削蹄風景


いつもお世話になっております!
 
 中標津は6月なのに最近は寒い日々が続いています
 本日の気温11℃
 ついに我慢できずにストーブをたいてしまいました
  





 ※写真撮影を快く許可して頂きありがとうございました
  厚く御礼申し上げます
  
  牛さん ホルスタイン種の乳牛で体重が約600kg〜700kg
  体はとっても大きいのですが
  敏感・繊細な心の持ち主なのです
  驚かしてはいけないので
  現場に迷惑にならないよう物陰に隠れながら
  探偵のようにカメラでぱしゃり!
  
  それでも
  「あなたは誰なの?」と牛さんは気にしていました(^_^;) 

 



2018年 6月 8日 (金)

メルちゃん


 
 いつもお世話になっております!

 今日は以前紹介した もりぎゅうの馬のお話です

 去年のお話です

 2017年4月30日(日)に
 もりぎゅうの育成牛牧場の馬
 テールが女の子を出産しました!
 
 名前はメルちゃんです!

 テールは初産でした
 よくガンバッて産んだね!
 





 るんる〜ん仲良くお散歩♪・・・の様に見えますが
 
 




 
  「あのね お母さん お乳のませてくれないの・・・」
 
 なんとテールは産んだとたん 育児放棄を始め
 メルちゃんに乳を飲ませるのをかたくなに拒否し続け
 近づくのでさえ暴れて嫌がるのです!
 
  「初産の馬は 乳を飲ませるのを嫌がり育児放棄する事がある」

 とメルちゃんを見に来た 馬やさんは言いました
 
 ショックでした・・・
 





 
  「おいしいねっ!」

 育成牛牧場に来てくださっている獣医さんに相談し 
 農協さんに行き 馬用のミルクを取り寄せてもらい購入し
 
 毎日 母・姉・私3人交代で ミルクを作り 
 人間用の哺乳瓶にミルクを入れ 飲ませる事に決めました

 最初は胃が小さいので
 少ない量を1日8回 3時間おきに哺乳し
 
 メルちゃんが育つにつれ
 徐々にミルクの量を増やして哺乳の回数を減らしていき・・・
   
 




 
  「おなかイッパイ! 人間のお母さんありがとう!」
 
 テールがお乳を飲ませる様になるその日まで
 人間の乳母たちのメルちゃん子育ては
 約2か月毎日続いたのでした(^_^;)

 



2018年 6月 6日 (水)

平成30年6月6日(水)の削蹄風景


 いつもお世話になっております!
 
 遅ればせながら自己紹介をさせて頂きます
 わたくし
 もりぎゅうブログ担当記者のつぐみと申します
 よろしくお願い致します!
 楽しい記事をアップ出来るようガンバリます!

 今日も良いお天気
 気温25℃
 中標津は暖かい日々が続いています(*^_^*)





 平成30年6月6日(水)の削蹄のお仕事!
 もりぎゅう
 本日もガンバッテおります!
 




 削蹄やさんは体力勝負!
 効率良く仕事をするために昼休憩をはさみ
 
 農家様の夕方の搾乳時間に間に合うよう!
 
 牛さんをアップルトンに導き入れて
 ベテラン職人が
 丁寧に手際よく削って削って削って〜
 ハイッ次!

 子供の頃から見ている景色
 削蹄師さんはやはり職人ですね
 やっぱり削蹄師さんってかっこいいっす!

 毎日みんなお疲れ様です!

 写真を撮る事を快く了承して頂いた
 農家様の方々ありがとうございました!
 ご協力ありがとうございました!





 上の写真はもりぎゅう※育成牛牧場の風景
 
 実はもりぎゅう
 削蹄部門と育成部門があります
 
 ※育成牛 子牛を成牛まで育てる事を育成といいます

 ここに映っている牛さんはみーんな若いぴちぴち女子
 男子はいません
 
 女子高校生がいっぱい(^O^)
 いや女子大生かな?笑
 
 ちなみに
 映って無い所に
 女子中学生・小学生もいます笑!



2018年 6月 2日 (土)

平成30年6月2日(土)の削蹄風景


 いつもありがとうございます
 平成30年度春から新体制となりました
 これからも宜しくお願い致します!





 
 平成30年6月2日(土)の削蹄のお仕事!
 もりぎゅう
 本日は7名で一生懸命ガンバッテおります!(^^)!
 




 
 大型油圧枠アップルトンに牛さんを送り入れ
 
 ※大型油圧枠アップルトンとは・・・
  牛さんを安全に かつスピーディに ストレスを軽減しながら
  削蹄することが出来る凄い枠なのです
  アメリカのアップルトンで作られています





 
 牛さんを安全にしっかり固定して
 職人さんが蹄をグラインダーで丁寧に丁寧に削り
 削り削り削り〜
 




 
 ハイッ!おしまい!

 「ちょっと怖かったけど
  あっという間に終わったね
  おにいさん綺麗に切ってくれてありがとう!」

 と牛さんは言いました笑(^O^)